プロフィール

ゆきこ&えりな

Author:ゆきこ&えりな
犬、猫、鳥&パワーストーンと植物と話すのが得意なアニマルコミュニケーターのえりなです。

アシスタントのゆきこです。(アニマルコミュニケーション勉強中!)
アニマルコミュニケーションのご予約はladybird.snowy @gmail.com まで

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

しゅきしゅきしたろか?

お姫様的な存在のスピッツ(♀)
私の母、ゆきこが舐めるように可愛がっています。そんなゆきこをママとスピッツは呼んでます。

私がアニマルコミュニケーション講座を受講して、少したった頃の話。
スピッツがゆきこの顔をベロベロと舐めていました。
いつもの光景なので
ああ、攻撃にあってるなと思いながら漫画を見ていました。すると、ぬっとスピッツの顔が。
「しゅきしゅきしたろか?」
そう私に言ったのです。スピッツにとって、顔をベロベロするのはしゅきしゅきだそう。この時判明しました。

まさかの大阪弁と思いつつ、私は遠慮しますと伝えました。断らないと、ベロベロ攻撃にあうからです。たまーに、死にそうになるまでベロベロされます。
「まあ、そう遠慮せんと!」
がっと、前足で押さえ込まれ結局ベロベロされました。ちなみに、しゅきしゅき=好き好き。

現在、スピッツにベロベロ攻撃をされている時は
「私はっ!講座を受けたからっ!話せるぅーっ!」
と、自らを鼓舞しながらその気持ちは嬉しいけどやめてねと伝えているのですが…。
「遠慮しなくてええよ!気にせんといてー!」
と毎回言われます。(えりな)

アンティークドール

昨日は、アンティークドールの画像を見ながら、お人形と話せるか試してみました。

最初のお人形は、ピンクのドレスに金髪巻き毛のかわいらしい子。
今は東京にいて、その前はアメリカにいたそうです。「早く誰かに連れて帰って欲しいんだけど!かわいい女の子のいるおうちがいいわ。」と話してくれました。

もう1体のお人形は、ショートカットの、美しい子でした。
今いるところは、よくわからない。でも、誰かと遊びたい、と話してました。
うちは犬がいるけど、どうかしら?と聞くと「犬は暴れるから嫌かも…」毎日たくさん可愛がって、たくさんお話しするわ。それでもだめ?「う〜〜ん、だったらいいかも(^o^)」

でも、そのショートカットの子は、どうも博物館のようなところか、コレクターのところにいる高価な人形で、とても手に入るような物ではありませんでした!😣💦(後で、うちに来てもらうのは無理みたい😢とあやまりました)

魂を持ったアンティークドール。恐いような気もしますが、日本では100年を無傷で過ぎた器物は、付喪神になるといいます。
私がお話したお人形さんたちは、作られてから、ゆうに130年はたっています。
魂を持っているのは当たり前かもしれませんね😄

中には、いろんな悪いものを取り込んでしまった人形もいるかもしれません。

でも、私がいろんな写真を見て、お話ししたいと思うような子は、みんな邪気のない、そして年代物で高価な子ばかり!

アンティークドールは、ビスクドール、つまり顔や手足の一部分が、陶器でできているわけです。
陶器部分が無傷でドレスや小物の状態がいい、ということは、大事に大事にかわいがってもらっていたからかな?と思うのです。
そして、そんな人形は、悪い気を吸い込まないのかな?と考えました。

写真ではなくて、実際に見て、かわいいお人形と話したくなりました😆💞
ゆきこ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

信じてくれた人達

私が色んな命と話せるようになったのを信じてくれた人は多かったです。
親友や友達、家族や近所の方が信じてくれました。

それはとても嬉しいことであり、有難いことでした。私にとって、話せることはごく自然なものになっているからでしょう。今、呼吸をしていることを信じてくれなかったら戸惑いますよね。

なので、信じてくれなかった人に対しては怒りとか悲しみを感じるのではなく、戸惑いを感じました。戸惑ったあと、悲しむこともありました。
まあ、素早く信じてくれなかった人のことを考えても仕方ないと頭を切り替えれましたが。

信じることって案外難しいと思うのです。
なのに、すぐに信じてくれた人達には感謝の気持ちでいっぱいです!
(えりな)

| ホーム |


前のページ «  ホーム